オーストラリアンラブラドゥードルの子犬 ドールちゃん お散歩の練習とブラッシングの練習をしました!

みなさんこんにちは!

滋賀 岐阜で出張訪問型のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はオーストラリアンラブラドゥードルの子犬、

ドールちゃんのトレーニングです!

オーストラリアンラブラドゥードルの子犬 ドールちゃん お散歩の練習とブラッシングの練習をしました!

今日はご自宅にあるテラスで練習しましたよ(^○^)

フワフワな毛がとても可愛いドールちゃんです!

 

 

今回は

・ヒールウォーク

・ブラッシングの練習

をしましたよ!

 

ヒールウォーク

ヒールウォークは犬が人の横について歩くことを言います。

教える時は左側で歩くことを教えますが

左右どちらでも歩くことができるようになると便利ですね。

 

またお散歩の練習方法はいくつかあるかと思います。

よく聞くのはリーダーウォークというものです。

リーダーウォークは簡単に言うと

人がリーダーになって犬を自由に歩かせないようにする…

と言う流れです。

 

トレーナーによって指導方法は違ってきますし、

犬によっても適している方法があるかと思います。

 

ただ、犬も人も楽しく取り組みたい方にとっては

ヒールウォークの方がいいのではないかなと思います(*^▽^*)

 

 

ではヒールウォークのご紹介をしますね。

まずオヤツを持ちながら犬を横につかせて歩かせ、

上手に歩けたらオヤツをあげましょう。

 

ここでピョンピョンと飛びついてくるようであれば

おやつの高さが高いので低くしてあげましょう。

初めは2、3歩歩けただけでも大きな1歩です★

このコツコツが大事です。

ドールちゃん頑張って歩けましたね♪

 

 

ブラッシングの練習

ブラッシングは犬にとって必要不可欠です。

特にトイプードルやシーズーなど、

毛が伸びていく犬種はブラッシングを怠ると

毛玉になってしまい犬が痛い思いをしてしまいます。

 

またブラッシングをすることによって

自然と皮膚を見ることにつながるので

病気の早期発見にもつながります。

 

ただこのブラッシング、苦手な犬が多いのが現実です。

ではなぜ苦手な犬が多いのでしょうか?

 

・毛が引っ張られて痛い

・感触が気持ち悪い

・オモチャだと思っている

など理由は様々あるかと思いますが、

飼い主様が気づかないうちに苦手意識を植え付けてる可能性があります。

 

なのでその犬が大好きなオヤツを使って

苦手→安心してできるもの

にしていきましょう!

 

初めはオヤツを食べさせながらブラシを当てます。

この時に犬が気にしてないか確認しましょう。

 

もしもおやつよりもブラシに注目する場合は、

ブラシの刺激が強いという意味なので

ブラシを近づけるだけ…ブラシを握るだけ…

といったようにレベルを下げて練習しましょう。

 

 

オーストラリアンラブラドゥードルの子犬 ドールちゃん お散歩の練習とブラッシングの練習をしました!

「ブラッシング頑張ったよ〜!」

ドールちゃん素敵な笑顔です(^^)

 

 

たくさん頑張ったね★

ありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です