シベリアンハスキーの子犬おでんちゃん、フセとオカワリができるように練習しました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

 

今回はシベリアンハスキーの子犬、おでんちゃんです。

シベリアンハスキーの子犬おでんちゃん、フセとオカワリができるように練習しました!

お伺いするたびに大きくなっているおでんちゃんです。

子犬の頃は成長速度が早いのであっという間に大きくなりますね。

ですが表情はまだ幼さが残っていてとても可愛いです♡

 

 

今回は

・フセ

・オカワリ

を練習しましたよ♪

 

 

フセ

おでんちゃんはフセの行動は覚えているのですが

言葉と行動がまだ結びついていない状態ですので

言葉でフセができるように練習しました。

 

ここで大事なポイントがあります。

それは

「言葉を言ってから行動させる」です。

よく言葉と行動を同時にやりがちですが、

犬にとっては伝わりにくい環境になってしまいます。

 

例えばフセとサインを同時にすると

フセの言葉が犬に伝わりにくく、なかなか言葉を覚えられない…

と言った結果になってしまいます。

 

なのでフセと言った後にサインを出すということを繰り返していくと

サインの前にいつもフセという言葉が出てくるから

フセと言われたらフセの体勢を取ろう!

と犬が先読みするようになり、フセの言葉で行動をするようになるんです♪

 

内容としてはこのようにやっていただきます。

今は言葉を覚えている途中ですがこれを繰り返していくと

言葉を覚えてくれますよ♪

パパさんの誘導でしっかりとフセができていますね★

 

言葉を覚えるタイミングはその犬にとって様々ですので

焦らずコツコツと行なっていきましょう!

 

 

オカワリ

オカワリが犬の左右の前足どちらかを人の掌に乗せることを言います。

オテの反対がオカワリといった感じですね。

おでんちゃんは左手がオテと覚えていますので

反対がオカワリになるように練習していきましたよ♪

初めは掌に少しでもタッチができたらオヤツをあげて褒めていきます。

これを繰り返していくことで足を上げる高さや

掌に乗せる時間などが少しずつ伸びていきます。

ここまでできるように練習して、その後に言葉付けを行いたいと思います。

 

ちなみにオテやオカワリは教えても意味がない…

と言われたことがありますがそんなことはありませんよ〜!

 

オテ、オカワリをする時に自然と足裏に触れることになるので

足先や足裏、または爪切りを嫌がる犬は

オテ、オカワリを教えることで楽しんで苦手を克服しやすくなります。

 

嫌がる犬も嫌がる前の犬にもトレーニングの息抜きとして

教えてあげるといいかなと思います♪

 

 

今日もたくさんのことを勉強できたおでんちゃんでした!

ありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です