犬の暑さ対策は出来ていますか?本格的に暑くなる前にご準備を!

つい最近まで寒かったと思えば

暑い日が続くようになり、

梅雨もだんだんと近づいてきましたね。

 

梅雨が終わると暑い夏がやってきます。

皆さんは愛犬の暑さ対策は出来てますでしょうか?

 

 

今回は暑い夏に向けて

犬の暑さ対策についてのご紹介をしていきます。

 

 

犬は暑さに強いの?弱いの?

 

そもそも犬は暑さに弱いのでしょうか?

それとも強いのでしょうか?

 

ここでのポイントはです。

 

スポーツや気温の上昇などによって体温が上昇し、

その時に汗をかくことによって体温調節をします。

私たち人間は全身で汗をかくことが出来ますが、

犬は足の裏のみでしか汗をかくことが出来ません。

 

そのため熱くなった体を冷やすことが苦手なため、

暑さに弱い生き物と考えられます。

 

 

 

犬が暑がっているときに出すサイン

 

犬が暑がっていると、このようなサインが見られます。

 

・ハァハァといった息遣いをする

・水をたくさん飲む

・フローリングなど冷たい床に横たわる

・食欲がなくなる

 

また、犬は人よりも小さいため、

人の足元の気温で生活をしています。

 

例えば散歩に出かけたときに

風があって涼しく感じていても

地面が暑ければ犬は暑い思いをしながら

歩いていることになります。

 

 

散歩から帰ってきたときに

人がさほど暑く感じていないのに

暑がっている様子が見られれば

地面が暑かった可能性があります。

 

 

 

犬の暑さ対策

 

室内と室外での対策をまとめてみました。

 

室内

・クーラーで温度を下げる

・直射日光が当たらないようにカーテンで遮る

・いつでも水が飲めるような環境にする

・窓を開け、扇風機で空気を循環させる

 

室外

・朝や夜などの涼しい時間帯に散歩に行く

・ペットグッズを活用する(冷やす服、バンダナなど)

・歩かせる前に地面の温度を確かめる

 

 

 

よくある質問

 

 

・サマーカットはするべき?

 

犬の被毛は皮膚から直射日光を遮る役割をしています。

被毛がなくなってしまうと、直接日光が当たってしまい、

熱中症になりやすい状況を作り出していることになります。

暑そうだから…と思っているのは人間だけです。

 

 

サマーカットをするよりも

抜け毛をしっかりと取ってあげたり、

ツルツルではなく少し毛を残してカットをしてあげたりして

犬に負担がかからないようにしてあげましょう。

 

 

 

水浴びは暑さ対策になるの?

 

体を冷やすことになるので暑さ対策にはなります。

ですが全身を入れようとすると

泳ぎに慣れていない犬は苦しいかもしれません。

 

また、しっかりと乾かしていない状態で

直射日光を浴びてしまうと、

犬に付いた水滴がレンズ代わりとなり

火傷を負う可能性があります。

 

 

足首の太い血管を冷やすことによって

体温を下げる効果があるので

水浴びをさせるときには足首程度の水を張って

その中で遊ばせてあげましょう。

 

 

 

 

 

これからどんどん暑くなってきます。

犬は自分から「暑い!」とは言えません。

私たちが事前に対策をしたり、いち早く気づいてあげたりして

暑い夏を乗り越えましょう!

 

 

 

Sunny Dogは名古屋市内と名古屋周辺の市を中心に主に子犬のトレーニングを行っております。

お客様のご自宅に伺って一緒にトレーニングをする出張型の犬のしつけ教室です。

 

【期間限定!】

・初回カウンセリング料金3000円1000円!

で受けられます!(交通費も無料です)

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。