シーズーの子犬小梅ちゃん、ハンドターゲットとハウストレーニングを練習しました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はシーズーの小梅ちゃんです!

シーズーの子犬小梅ちゃん、ハンドターゲットとハウストレーニングを練習しました!

とても可愛い笑顔でお写真を撮らしてくれましたよ♪

得意のオスワリも披露してくれました~!

元気いっぱいの小梅ちゃんです(*^^*)

 

今回は

・アイコンタクト

・ハンドターゲット

・ハウストレーニング

をしましたよ!

 

 

アイコンタクト

アイコンタクトとは人と犬が目を合わせることを言います。

私が通っていたドッグトレーナーズアカデミーでは

「アイコンタクトをすることによって問題行動の80%は防ぐことが出来る」

ということを教えていただきました。

 

これはどういうことかと言いますと、

例えばお散歩中に引っ張ってしまう犬がいるとします。

ここでアイコンタクトを取ることが出来れば

前に注目をせずに人に注目するので引っ張ることが軽減されます。

 

他にも他人に吠えてしまっている犬に対して

アイコンタクトを取り呼び寄せてあげれば吠えを軽減することも出来ますよね。

このようにアイコンタクトが出来れば

犬に指示が入り問題行動を減らすことが出来るんですよ♪

 

で、肝心の小梅ちゃんですが、、、

なんと!アイコンタクトが完璧だったんです!

 

近くで呼んでも遠くから呼んでも

「何ー?」

といった感じで尻尾を振りながらアイコンタクトを取ってくれました♪

なので少しレベルアップをして

玄関先や外でも出来るように今後はしていきたいなと思います。

 

 

ハンドターゲット

ハンドターゲットとは犬が人の手の甲に鼻先をタッチすることを言います。

ハンドターゲットをすることで誘導がとてもしやすくなりますし、

呼び戻しをするときに1つの目印になります。

なのでハンドターゲットがマスター出来るように早速練習をしましたよ♪

 

まずは手の甲に鼻先がタッチしたらオヤツや褒め言葉で褒めてあげましょう。

※動画は私の愛犬のもなかです

こうすることで

「あ、手にタッチすると良いことがあるんだな」

と教えていくことになります。

これが出来るようになったら2回連続でタッチをしていきます。

2回連続タッチをすることでより一層手に対して注目をすることが出来ます。

その後は3回連続タッチをしたり、少し立ち上がってやってみたり

離れたところからやってみたりと様々な応用パターンで練習してみると

日常生活で使えるようになりますよ♪

 

 

ハウストレーニング

ハウストレーニングとは名前の通り「ハウス」の指示で

クレート又はサークルの中に入ることを言います。

小梅ちゃんは月齢のこともあり警戒心から少し吠える機会が増えているようなので

ハウストレーニングをして安心できる場所を作るように進めていきました。

 

元々ハウスに対して苦手意識が少なかったのでスムーズに行うことが出来ましたよ♪

今後はサインや言葉のみで入れるように練習していきましょう!

 

 

初めてのトレーニングでしたが頑張ってくれた小梅ちゃんでした!

今日はゆっくり休んでくださいね♪

ありがとうございました~♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。