トイプードルの子犬、ペコちゃん 苦手なブラッシングに慣れさせる練習をしました♪

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はトイプードルのぺこちゃんです!

トイプードルの子犬、ペコちゃん 苦手なブラッシングに慣れさせる練習をしました♪

ママさんが大好きなペコちゃん。

お膝に乗って満足そうな顔をしてますね(^^♪

元気いっぱいで見ているだけで癒されます~♡

 

今回は

・フセ

・ブラッシングの練習

をしましたよ♪

 

 

フセ

フセは犬のお腹と肘が地面に付くことを言います。

オスワリと並行して教えることが多いですね。

ちなみにフセは犬にとってリラックスする姿勢なんですよ☆

 

人間に例えると、

フカフカのソファに飛び込んだ感じ

くらいリラックスします。

 

なので長時間待っていて欲しいドッグカフェや動物病院などで使えるようになると

とても便利になってきます。

 

ではさっそくフセを練習してみましょう!

教え方は様々な方法がありますがここではオヤツを下に下げて

誘導する方法で進めていきます。

まず犬をオスワリさせ、オヤツを鼻先からゆっくりと地面に近づけます。

すると犬はオヤツを追いかけて体を自然と床に付けるようになるので

フセの体勢が取れたら褒めてあげましょう!

ペコちゃんスムーズにフセが出来ましたね!

ママさんの誘導もペコちゃんのペースに合わせることが出来ていて

とてもいい感じです♡

 

今はオヤツありで行っていますがオヤツなしで出来るように、

そして手のサインだけで出来るように、さらに言葉のみで反応できるように…

といった流れで進めていけると良いかなと思います!

 

 

 

ブラッシングの練習

ブラッシングは犬を育てていく上でとても重要になってきます。

短毛種、長毛種関係なく抜け毛はありますし、

プードルやシーズーなどのカット犬は毛が伸びますので

ブラッシングをおろそかにしていると毛玉が出来てしまいます。

そのためどの犬種でもブラッシングは必要不可欠です。

 

ですが毛が絡まると無意識のうちにブラシに力が入ってしまい、

それが犬にとって「痛い!」と感じる原因となり

ブラッシングが苦手になってしまう犬が多くいます。

 

なので今ブラッシングに対して苦手意識がある犬はそれ以上苦手にならないように、

まだ苦手意識を持っていない犬はブラッシングが楽しいものなるように、

少しずつ慣らしていけると良いかなと思います♪

 

下記のブログも合わせてお読みください!

 

ではさっそくブラッシングの練習をしていきましょう♪

ペコちゃんは少し苦手意識があるのでオヤツを食べさせながら

“苦手” と”好き”を一緒に提示して感情を拮抗させていきます。

ペコちゃん良い感じですね~♪

安心してブラッシングを受け入れてくれています。

このように犬が大好きなオヤツを使って練習していくと

苦手な行動も受け入れやすくなりますよ♪

 

 

今日もたくさん頑張ってくれたペコちゃんでした!

ありがとうございました~♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。