トイプードルの子犬、ペコちゃん 得意のフセから初挑戦のヒールポジションまで幅広く練習しました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回トイプードルの子犬、ペコちゃんです!

トイプードルの子犬、ペコちゃん 得意のフセから初挑戦のヒールポジションまで幅広く練習しました!

得意のフセを披露してくれました〜!

上目使いがとっても可愛いですね♡

私の愛犬もプードルなのでペコちゃんを見ていると

小さかった頃の愛犬を思い出します(^^)

 

今回は

・オスワリ

・フセ

・ヒールポジション

を練習しましたよ♪

 

オスワリ

今回が初挑戦ということではありませんが

オスワリよりもフセの方が好きなペコちゃん。

なので自然とフセをしてしまいがちだったのですが

ママさんの指示でオスワリができるようになりましたよ♪

しっかりとママさんの目を見て、そして指示を見て判断できていますね。

頑張りました〜♡

オスワリは比較的覚えやすいですが、

指示で出来るようになると便利になってきますよ☆

 

また写真を撮ろうとすると動くワンちゃんは

オスワリとマテをセットで覚えるとブレずに撮ることができます。

可愛い愛犬を綺麗に可愛く撮りたい方はぜひマスターしてみてくださいね!

 

フセ

ではフセも練習の成果を見てみましょう〜!

ちなみにオスワリもフセも今まで座った状態で練習していましたが

今回からは立った状態で行っています。

この少しの変化でもワンちゃんはできなくなることもあるので

もしできなかったら「座る」と「立つ」の間の「中腰」で

挑戦してみましょう!

ではペコちゃんのフセをご覧ください〜!

フセの言葉に反応して行動することができましたね。

ペコちゃんすごいすごい〜!!!

 

 

ヒールポジション

ヒールポジションは人の横についてオスワリをすることを言います。

 

ヒールポジションを覚えることで

・人の横にいることに良い印象を与える

・散歩時の事故防止

に繋がります。

 

まずはオヤツを使って誘導し、横についたらオスワリをさせますが

もし犬がついていくのに精一杯な場合は、

オスワリをさせずに横についた時点で褒めましょう。

横につくことがスムーズに出来るようになってから

オスワリを教えてあげた方が犬に負担がかかりませんし、

成功で終わらしてあげることができます。

 

私たちも失敗ばかりで自信を無くしてしまうよりかは

少し難易度を下げた状態でも褒められた方が嬉しいですよね(*^^*)

なので失敗を減らして成功体験を与えてあげて

犬に自信をつけてあげましょう!

 

ではペコちゃんのヒールポジションをご覧ください!

 

頑張ってママさんの誘導についていくことができました!

ママさんもペコちゃんのペースに合わせて誘導することができていますね。

素晴らしい〜!

 

 

犬に寄り添ってあげることはとても大切なことかと思います。

どうしても言葉が通じないので

「なんでわからないのー?!」

と感情が出てしまうことがあるかもしれませんが、

冷静になった時に

「こうしてあげるといいのかな?」

犬目線で考えていくと犬との生活がより一層過ごしやすくなりますよ♪

 

 

今回もたくさん吸収してくれたペコちゃんでした。

ありがとうございました〜♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です