ミニチュアダックスフンドの子犬、琥博君 いろんな指示が聞けるように練習しました!

みなさんこんにちは!

滋賀 岐阜で出張訪問型のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はミニチュアダックスフンドの子犬、琥博君のトレーニングです!

ミニチュアダックスフンドの子犬、琥博君 いろんな指示が聞けるように練習しました!

クレートで上手にフセができましたね(^^)

クレート内でフセができるようになると安定しますし、

オスワリよりもよりリラックスすることができるのでオススメですよ♪

 

 

今回は

・クレート

・オスワリ(サインの練習)

・マテ

・ヒールポジション

を練習しましたよ!

 

 

クレート

クレートとはクレートの指示で入ることを言います。

サークルとクレートの両方に対して

「ハウス!」

と言っても犬にとっては両方がハウスなので

どちらに入ったらいいのか迷ってしまいますので

コマンドを分けてあげましょう。

 

またクレートに対して苦手意識が強い犬

無理矢理入れることなくまずは慣れさせる練習から始めていきましょう。

 

琥博君はスムーズにクレート内に入ってくれたので

クレートでフセをする練習を重点的に行いました!

上手にできてますね(o^^o)

クレート外ではできてもクレート内でできない…

そういった犬もいるかと思いますが、

犬は環境の変化に弱い生き物なので仕方がないかと思います。

 

ですがコツコツと続けていくことでできるようになりますので

焦らず取り組んでみてくださいね。

 

 

オスワリ(サインの練習)

犬は人の言葉よりも行動をよく見ます。

何回言っても指示を聞いてくれない…

そんなことはありませんか?

そう言った時にサインを教えてあげると

犬はオスワリをするんだ!と理解してくれますよ(*^_^*)

オスワリのサインは手を下から上にあげます。

サインを出して犬がオスワリをしたらおやつをあげましょう。

琥博君サインを理解してくれましたね♪

 

 

マテ

マテは犬がオスワリまたはフセをした状態でその場で待つことを言います。

オスワリやフセができるようになったら

その流れでマテを教えていきましょう。

 

まずはその場で1秒でも待てたらオヤツをあげる、

次に2秒待てたらオヤツをあげる…といったように

徐々に秒数を延ばしていきましょう。

しっかりとアイコンタクトを取りながら

待つことができましたね!

では次はレベルを上げて後ろに下がった状態でマテをしてみましょう★

琥博君素晴らしい〜!

離れてもマテができましたし、アイコンタクトもばっちりですね(^-^)

マテの最中に目線が外れると待ちにくくなるので

アイコンタクトを取るように心掛けましょう!

 

 

ヒールポジション

ヒールポジションとは人の横側に犬がオスワリをすることを言います。

 

ヒールポジションを練習することで

・人の横に良いイメージがつく

・人の横でオスワリをする癖がつく

・犬が近くにいるので指示が通りやすい

と言ったメリットがあります。

 

では練習していきましょう!

もしも横側についてオスワリをしてくれなかったら

横についただけでオヤツを上げて褒めましょう。

琥博君上手にできました〜★

 

理想の形は横についてオスワリですが

全てのワンちゃんが初めからできるわけではありません。

その子に合わせてトレーニングをすることによって

最終的には理想の形になっていきます。

 

焦らずコツコツとトレーニングするのが成功への近道ですよ★

 

ミニチュアダックスフンドの子犬、琥博君 いろんな指示が聞けるように練習しました!

 

いろんなコマンドを練習しましたが、全力で頑張ってくれた琥博君でした!

ありがとうございました〜♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です