フレンチブルドッグの子犬、だだお君 前回できなかったフセが出来るようになりました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はフレンチブルドッグの子犬、だだお君です!

フレンチブルドッグの子犬、だだお君 前回できなかったフセが出来るようになりました!

相変わらず素敵な笑顔ですね(^^♪

いつもこの笑顔に癒されております♡

 

今回は

・フセ

・ヒールウォーク

をしましたよ!

 

 

フセ

前回はオヤツを使いながら、そして補助を取り入れて行いました。

 

フセを教える方法はいくつかあります。

例えばオヤツを鼻先から誘導させて地面にオヤツを置くと

フセの体勢を取る子もいれば取らない子もいます。

 

そういった場合は人の足の下を通る方法で練習すると

フセの姿勢になりやすいですが、恐がりさんにはオススメしません。

 

なぜなら足の下を通ることが恐怖だと感じてしまい、

その子に恐怖体験を与えてしまうからです。

なので犬によって適した方法があるので性格を見極めるのも大切ですね。

 

ではだだお君の素晴らしいフセをご覧ください~☆

とっても上手ですね♡

だだお君はしっかりと指示の意味を聞き分けるように頑張ってますし、

ママさんはだだお君と寄り添った指示を出すことが出来ています(*^-^*)

この調子で1回の指示でフセが出来るようにどんどん練習していきましょう!

 

 

ヒールウォーク

ヒールウォークとは犬が人の横に付いて歩くことを言います。

またヒールウォークはアイコンタクトを取りながら歩くので

引っ張り防止拾い食いの防止に繋がります。

 

さらに犬が右に左に行ったりすることなく横に付いて歩いてくれるので

安心して歩くことが出来ます。

では早速だだお君の練習風景をご覧ください!

最初は上手く歩けなくても

人の横にいるとオヤツもらえるしいいことあるな~

くらいでも大丈夫です。

そこから少しずつ形を作っていくことで

犬に負担をかけずに取り組むことが出来ます。

 

トレーニングは日々の積み重ねが大切です。

なかなか成果が出なくてもある日突然出来るようになった!

ということもあります。

 

 

過去に私の愛犬をトレーニングしていた時の話ですが、

外で30秒ほどマテをする練習をしていたんですね。

 

でも25秒くらいで動いてしまうことが続いてしまい

「もう出来ないのかな…」

なんてことを思っていたら次の日30秒待てたんです。

 

「え、どうしたの?!」

と思ったのですが、粘り強くトレーニングをすると

こういうことが起きます。

 

なので焦らずコツコツと頑張っていきましょうね。

 

 

だだお君、ありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。