ミニチュアダックスフンドの子犬、琥珀君、基礎のトレーニングから始めました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はミニチュアダックスフンドの子犬、琥珀君のトレーニングです!

ミニチュアダックスフンドの子犬、琥珀君、基礎のトレーニングから始めました!

カメラを向けたら

「なーにー?」

といったようにこちらに注目してくれました!

目がキラキラでとっても可愛いですね(^-^)

 

今回は

・アイコンタクト

・呼び戻し

・クレートトレーニング

をしましたよ♪

 

 

アイコンタクト

アイコンタクトとは人と犬が目を合わせることを言います。

 

アイコンタクトを取ることによって

・指示が入りやすくなる

・人により集中してくれる

・脱走した時に動きを止めることができる

などのメリットがあります。

 

なのでお迎えしたばかりの子犬や、

「何からトレーニングをしたらいいのかわからない…」

といった方はまずはアイコンタクトを練習しましょう!

 

琥珀君はお伺いした時は名前の反応が良かったので

少しステップアップをしましたよ(o^^o)

 

内容は

オヤツの誘惑があってもアイコンタクトが取れる練習

です!

 

まずオヤツを琥珀君に見せます。

その後にオヤツを琥珀君の横に出します。

そうするとオヤツの方に注目をするのですが、

ここで名前を呼びます。

 

オヤツではなくアイコンタクトが取れれば

オヤツをあげますが、もしも見てくれなかった場合は

こちらに注目を向けさせましょう。

初めはどうしてもオヤツに注目しがちですが、

ママさんがしっかりと誘導することで

アイコンタクトを取ることができていますね。

 

 

初めはこのように誘導していく形でも大丈夫です。

これを何回か繰り返していくと

オヤツに注目するよりもアイコンタクトしてた方が

早くオヤツもらえるし、初めからアイコンタクト取ろう!

という心理になってきます。

 

 

呼び戻し

呼び戻しは人の元に犬が戻ってくることを言います。

呼び戻しは犬の命を守るコマンドなので

是非覚えておきたい内容ですね。

 

流れとしては

名前を呼ぶ→犬が振り向く→「おいで」という

→犬が戻ってくる

です。

 

ですが犬がこちらにくるためには

何か目印があった方がわかりやすいので

人の手を目印にします。

人が手を出したらその手に戻っていけばいいんだな♪

という感じですね(^_^)

 

まずオヤツを握りながら手をグーの形にします。

その状態で犬の鼻先付近に出し、犬の鼻先が当たったら

握っているオヤツをあげましょう。

偶然に当たったとしてもオヤツをあげてもらっても構いません。

これを繰り返していくと手についてきてくれるようになりますよ♪

 

 

クレートトレーニング

クレートトレーニングはクレートに慣れさせたり、

コマンドでクレート内に入れるようにしていきます。

 

「クレートトレーニングなんて必要ないのでは…?」

と思いがちですがそんなことはありませんよ。

 

クレートは狭くて暗い空間ですが

犬にとってはとても安心する空間なのです。

 

もしもクレートが苦手な犬がいたら

無理矢理入れられたり閉じ込められたりして

嫌な思い出があるだけです。

 

安心して休んでもいいんだよ

と教えてあげることが大切ですよ♪

 

琥珀君は自主的に入ってくれることが多かったので

指示を教えるところからスタートしました。

初めはオヤツを投げ入れるところから始めます。

この動きがあるといいことがあるんだ!

このような流れで教えていきます。

 

琥珀君、頑張って入ることができましたね。

素晴らしいです!!!

 

 

 

たくさんのことをトレーニングしましたが

どれも集中して取り組むことができました★

 

ありがとうございました♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。