トイプードルの子犬、マシュ君 お留守番に慣れるようにハウストレーニングをしました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はトイプードルの子犬、マシュ君です!

トイプードルの子犬、マシュ君 お留守番に慣れるようにハウストレーニングをしました!

元気いっぱいのマシュ君です(^^)

ですが甘えん坊さんで少し寂しがり屋な一面もあります。

今後お留守番が出てくることもあるので

少しずつお留守番ができるようになろうね★

 

今回は

・ハウストレーニング

・アイコンタクト

を練習しましたよ!

 

ハウストレーニング

ハウストレーニングはハウスの一言で

サークルやクレート内に入れることを言います。

子犬の頃はハウスに対して苦手意識が少ないので

今のうちに慣らしておきましょう!

またサークルとクレートは両方ともハウスですが

指示語は分けておいた方が犬にとってわかりやすいかと思います。

 

では早速トレーニング開始です!

まずオヤツを持ちながらハウスに誘導していきます。

その時にオヤツを持つ手を指差す形にしておきます。

これはハウスのサインになります。

初めはオヤツありで行いましたが、

スムーズに入ってくれたのでオヤツなしで指差しのみで

挑戦してみましたよ★

マシュ君とっても上手です!

初めてのトレーニングなのに成長がとても早いです(o^^o)

 

こちらの動画はサークルに入ってくれることをメインに行いましたが

クレートも同様のやり方でOKです。

 

アイコンタクト

アイコンタクトとは人と犬が目を合わせることを言います。

 

アイコタンクとをすることで

・指示が入りやすくなる

・集中力が身につく

・脱走した時に動きを止めることができる

・信頼関係を築くことができる

など様々なメリットがあります。

 

また普段から名前に対して良い印象を与えることも大切です。

 

ではアイコンタクトを練習していきましょう!

まずオヤツを犬の鼻先に持っていきます。

そしてそのオヤツを自分の眉間に持っていきます。

すると自然と犬と目が合うので目が合っている時に

名前を呼びオヤツをあげましょう。

マシュ君とっても上手です!

そしてママさんもマシュ君が見やすいように

タイミングを合わせてできていますね(^_-)

 

 

アイコンタクトでやりがちなのが

名前を連呼してしまうことですが、

実はこれをすると無視を覚える可能性があります。

 

なので名前を呼んで振り向いてくれなかったら

こちらを向いてくれるように音やオヤツで

誘導してあげましょう。

 

その他にもマテやフセなどの練習をして

たくさんのことを吸収してくれたマシュ君でした!

 

ありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です