柴犬の子犬、ベニ君 リードの取り外しやマテを練習しました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回は柴犬の子犬、ベニ君です!

柴犬の子犬、ベニ君 リードの取り外しやマテを練習しました!

たくさん遊んで少し休憩中のベニ君です♪

カウンセリングでお悩みだったトイレが

今ではきちんとトイレトレーの上で出来るようになったということで

素晴らしい成長を見ることが出来て嬉しく思います(*^▽^*)

 

今回は

・オスワリ

・マテ

・リードの取り外し

を練習しましたよ☆

 

オスワリ

オスワリは犬のお尻が地面についている状態のことを言います。

飛びつきをしてしまう子や興奮しやすい子は

どんな時でもオスワリが出来るようになると便利になってきます。

 

ベニ君はオスワリの形は覚えていますし、言葉にも反応してくれるのですが、

1回の指示でなかなか出来ないことが多かったので、

オスワリの頻度を増やすためにも練習していきました。

 

基本的なオスワリの教え方は、

オヤツを犬の鼻先から上にあげていきます。

すると犬の頭が上に向き、自然とお尻が下がるので

お尻が地面に着いたら持っているオヤツをあげ褒めます。

 

ですがベニ君の場合、この方法ですとお尻が地面に行かず、

後ろに下がってしまいます。

 

なので行動を制限するためにもリードを使いながら

オスワリが出来るように誘導していきました。

 

この方法ならベニ君も上手にオスワリが出来ましたよ☆

柴犬の子犬、ベニ君 リードの取り外しやマテを練習しました!

上手にオスワリをしてくれました♡

 

マテ

マテはオスワリまたはフセの状態でその場で待つことを言います。

オスワリまたはフセを覚えたらその流れでマテを教えていきましょう。

 

まずはその場で1秒でも待てたらオヤツをあげる、

次に2秒でも待てたらオヤツをあげる…

といったようにその場で待っていたら良いことがある

と教えてあげましょう。

 

この時に過度に褒めると興奮して集中力が切れやすくなるので

穏やかなトーンで褒めてあげると良いですね(^^♪

 

 

 

リードの取り外し

子犬でよくあるのが

「リードを噛んでなかなか上手く付けられないんです…」

といったお悩みです。

子犬がリードを付けられる時の感触や音などが気になって

上手く付けられないのだと思います。

 

この時にスムーズに付ける方法の1つとして、

マテを強化するのも1つの方法ですよね。

ただし物の誘惑に勝てるくらい強化をしないと難しいかと思います。

なので今回はオヤツを使って練習をしていきました。

 

方法はオヤツを食べさせながらリードを付けて外す…

といたってシンプルな練習です。

 

これをすることによって

リードを付ける時や外す時の不快感よりも

ポジティブな感情になり、上手く付けられるようになっていきます。

 

またこの時にオスワリやフセをさせると

興奮度が下がってより付けやすくなるかと思います。

 

 

ではでは最後にベニ君の遊んでいる姿で

癒されながら終わりたいかと思います(*^_^*)

元気いっぱい!

ずーっと遊んでいられそうです♪

 

ありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です