犬にフセを教えるにはどうしたらいいの?フセのしつけ方法とメリットをお伝えします!

犬のトレーニングの中で基本になってくるのが

フセのトレーニングです。

 

犬にフセを教えるにはどうしたらいいの?フセのしつけ方法とメリットをお伝えします!

 

ですがおすわりと違って犬の身体を地面に付けるよう

教えないといけないので

少し大変そうなイメージがあるかと思います。

 

・フセを教えるのって難しそう

・フセの活用方法がわからない

・フセをしたときに足を崩しちゃうけどいいの?

 

そんな疑問がたくさんあるかと思います。

今回はフセのトレーニングをお伝えします。

 

 

フセを教える場合はおすわりが出来ていることが前提です。

まだおすわりが出来ていない犬はこちらからご覧ください。

犬におすわりを教えたい!おすわりが上手に出来る教え方はこれです!

 

フセのトレーニング方法①

 

【ステップ1】

 

まずおすわりをさせます。

手におやつを持った状態で鼻先から床に降ろしていき

地面に手の甲が付いたら手を返します。

 

こうすることによって犬が下から覗き込むように頭を下げるので

よりフセの体勢を取りやすくなります。

 

犬にフセを教えるにはどうしたらいいの?フセのしつけ方法とメリットをお伝えします!

 

フセが出来たらおやつをあげましょう。

 

 

【ステップ2】

 

おやつを持ったフリでステップ1と同様に行います。

上手に出来たらおやつをあげます。

地面に付けている手を地面から徐々に離していき、

手での合図だけで出来るようにしていきましょう。

 

 

【ステップ3】

 

「フセ」の言葉を付けます。

フセと言った後に手の動きで誘導し、上手に出来たらおやつをあげます。

 

犬にフセを教えるにはどうしたらいいの?フセのしつけ方法とメリットをお伝えします!

 

声の指示でフセが出来るように、

繰り返し練習をしていきましょう。

 

フセのトレーニング方法②

 

「フセのトレーニング方法①」でフセが出来なかったら

こちらの方法をお試しください。

 

 

人が座った状態で右足か左足を立て、膝の下をくぐらせます。

足が三角の形になっている状態です。

 

なるべくフセの体勢が取れる高さに調節しますが、

怖がってくぐれない犬の場合は、

くぐれる高さから徐々に練習をしていきましょう。

 

犬がくぐっている途中で高さを下げてしまうと、

犬がびっくりして怖がる可能性があるので

途中で下げるのはNGです。

上手にフセが出来たらおやつをあげましょう。

 

 

フセの活用方法

 

犬にとってフセは楽な姿勢です。

フセをすることによって今まで体重を支えていた筋肉が

重力から解放されます。

 

人に例えると、

仕事から帰ってきてベッドに横になったときの

開放的な状態です。

 

ですので犬にリラックスしてほしい時、

または長時間待って欲しい時(ドッグカフェなど)に便利です。

 

犬にフセを教えるにはどうしたらいいの?フセのしつけ方法とメリットをお伝えします!

 

また、興奮しやすい犬、動き回ってしまう犬はフセをさせましょう。

おすわりは地面にお尻だけがついてますが、

フセはお腹や足も付くのでより落ち着いた姿勢になります。

 

 

 

いかがでしょうか?

 

ちなみにフセをさせたときに足を崩す犬がいるかもしれませんが、

特に問題はありません。

むしろ足を崩していた方がより立ちにくくなるので

競技会に出さないのであれば

そのままでも大丈夫です。

 

 

おすわりとフセが出来たら

次は「マテ」を教えていきましょう。

 

次回はマテのトレーニング方法をお伝えします。

 

 

Sunny Dogは名古屋市内と名古屋周辺の市を中心に主に子犬のトレーニングを行っております。

お客様のご自宅に伺って一緒にトレーニングをする出張型の犬のしつけ教室です。

 

【期間限定!】

・初回カウンセリング料金3000円1000円!

で受けられます!(交通費も無料です)

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。