犬の歯磨きの重要性。ガムを噛んでいれば歯磨き出来たとは言えません!

犬も人と同じように歯磨きが必要です。

 

ペットグッズでも

歯ブラシ

歯磨き粉

歯磨きシート

歯磨きガム など

歯磨きに関連したグッズが数多く販売されています。

 

犬の歯磨きの重要性。ガムを噛んでいれば歯磨き出来たとは言えません!

 

「うちの犬は歯磨きガムを噛んでいるから大丈夫!」

というわけではありません。

適切な歯ブラシを使って磨くことが必要なんです。

 

今日は歯磨きの重要性とその仕方についてお伝えします。

 

 

 

歯磨きをする理由

 

人間にも歯垢がつくように

犬にも歯垢が付きます。

この歯垢が溜まると歯周病になります。

 

歯周病になると

・歯が抜ける

・歯がぐらつく

・歯肉の炎症

などの症状が出てきて、進行していくと

・ほっぺに穴が空く

・顎の骨が骨折する

などといった状態になります。

 

犬の歯磨きの重要性。ガムを噛んでいれば歯磨き出来たとは言えません!

 

歯磨きは

・歯周病の予防

・歯肉のマッサージによる血液促進

を目的に行います。

 

 

正しい歯ブラシの選び方

 

歯磨きは歯ブラシで行いましょう。

 

歯垢は歯と歯の間に溜まります。

そのためペットグッズで販売している

歯磨きガム、歯磨き、ガーゼ、おもちゃなどは

歯と歯の間に入り込みません。

 

犬の歯磨きの重要性。ガムを噛んでいれば歯磨き出来たとは言えません!

 

また、回転式の歯ブラシや365度磨く部分がある歯ブラシは

ほっぺの内側を傷つける可能性があります。

硬すぎる歯ブラシも歯茎を傷つける原因となります。

 

ヘッドが平で柔らかく、真っすぐで持ちやすい歯ブラシを選びましょう。

 

 

歯磨きの仕方

 

まずは歯磨きを嫌がらない犬にしていきましょう。

 

歯ブラシを見せるだけで逃げるのであれば、

おやつをあげながら歯ブラシを見せ、

慣れてきたら歯ブラシを見せた後に

おやつをあげる…といったように慣れさせます。

 

このレベル設定を細かく行っていき、

歯ブラシを口の中に入れても抵抗がなくなるまで

練習していきます。

まずは1日1本を目安に行いましょう。

 

歯垢は24時間で歯石に変わります。

歯石になってしまうと歯ブラシでは取れませんので

気を付けましょう。

 

 

 

よくある質問

 

歯ブラシの練習中におやつを使ってもいいの?

 

使っても大丈夫です。

歯垢は24時間で歯石化します。

つまり、歯ブラシの練習中に付いた歯垢は

次の日に取ってしまえば歯石化を防ぐことが出来ます。

 

 

いつから歯磨きをしたらいいの?

 

子犬を迎えたら他のトレーニングと同様に

すぐに行うのがベストです。

 

犬の歯磨きの重要性。ガムを噛んでいれば歯磨き出来たとは言えません!

 

歯の生え代わりは生後5~6か月頃から始まります。

永久歯になる頃には上手に磨けられるように

コツコツと練習していきましょう。

 

 

歯を磨くときに歯磨き粉は必要なの?

 

必要ありません。

水道水に含まれている塩素

口腔内を綺麗に保つことが出来ます。

 

透明のコップに水を入れて

水道水で歯を磨いた後に歯ブラシをコップに入れてみると

汚れが浮き出てくるかと思います。

これは歯磨き粉を使わなくても

十分掃除ができている証拠です。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

歯磨きは毎日コツコツと行うことが大切です。

また歯周病になると、口腔内のトラブルだけでなく、

体全体にも悪影響を及ぼす可能性もあります。

 

犬の歯磨きの重要性。ガムを噛んでいれば歯磨き出来たとは言えません!

 

大切な愛犬を守るためにも

今日から歯磨きに取り組んでいきましょうね♪

 

 

Sunny Dogは名古屋市内と名古屋周辺の市を中心に主に子犬のトレーニングを行っております。

お客様のご自宅に伺って一緒にトレーニングをする出張型の犬のしつけ教室です。

 

【期間限定!】

・初回カウンセリング料金3000円1000円!

で受けられます!(交通費も無料です)

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。