犬が甘噛みをする心理とは?そのままにしたら本気噛みに繋がるって本当?

子犬との生活が楽しい反面、

甘噛みを直したいと悩まされる方がいらっしゃるかと思います。

 

甘噛みを直したいと思ったきっかけも

「子供を噛んでしまったから」ではないでしょうか?

大人であれば我慢は出来ますが、

子供は我慢するということが難しいかと思います。

 

また子供はよく動き、大きな声を出すので

子犬にとって興奮しやすい対象になります。

 

そのためうっかり噛んでしまった…ということにつながります。

 

次も子供を噛んでしまったらどうしよう…と恐怖を感じたり、

子供を噛んでしまうなんてしつけが出来ていないじゃないか!

と責められてしまったり辛い気持ちになるかと思います。

 

 

事前に甘噛みに対するしつけを行っていれば

事故は防げたのかもしれませんが、

そもそもしつけをしなかった理由は

“成長とともになくなると思っていたから”

ではないでしょうか?

 

ですが子供を噛んでしまったので慌ててしつけをしようと思い、

甘噛みをしたら口を持って怒ったり

喉の奥に指を突っ込んでみたりしましたが一向に直らない…

 

 

しつけをするのが遅かったのかな…?

もう治らないの…?

 

と思うのはまだ早いです!

 

甘噛みを直す方法…それは

甘噛みをする理由を知ること無視をすること

を徹底的に行うことが重要です。

 

 

 

 

何故犬は甘噛みをするのか?

 

1.遊びだと思ったから

子犬は母犬や兄弟犬と噛み合って遊びます。

その中で噛む力加減を覚えたり、

コミュニケーションの取り方を学んだりしていきます。

そのため甘噛みをするということは

「遊んでいる」といった行動となります。

 

 

2.興奮しすぎているから

激しく身体を撫でたり声を掛けたりすることで

犬は興奮してしまいます。

その興奮した気持ちを吐き出そうとして

甘噛みをする行動に出ることもあります。

また普段から興奮しやすい行動を行うと

興奮スイッチが入りやすくなるので注意が必要です。

 

 

3.ストレスが溜まっているから

長時間のお留守番が多かったり、

散歩の頻度や時間が短かったりすると犬はストレスを感じます。

さらに子犬はまだまだ子供です。

6か月の子犬は人間でいうと10歳くらいの子供になります。

それくらいの子供が留守番が多く遊ぶ時間も短ければ

ストレスが溜まることもご理解いただけるかと思います。

そのようなストレスを発散するために噛んでしまうこともあります。

 

 

 

 

甘噛みを直すためには?

 

甘噛みを直すには上記でご紹介した

甘噛みの原因を解消してあげること、そして噛んで来たら無視をすることです。

 

 

子犬と遊んでいる最中に少しでも歯が当たったら立ち上がり

犬に背を向けて遊びを中断させましょう。

こうすることで

「人を噛んだら遊びが終わる」

と教えていきます。

その時に興奮して飛びついたり走り回ったりする子犬に対しては

部屋から出て興奮が収まるまで待ちます。

 

5~10分程待機をし、何事もなかったように戻ります。

そしてもう一度遊びを再開します。

もし噛んだら先程と同様に無視をする…といった動作を行います。

 

 

この時に犬の目を見たり犬を押しのけようとしたりすると

興奮してしまうことがあるので辞めましょう。

 

 

また、甘噛みをそのままにしておくと本気噛みになってしまうのでは…?

と思われるかもしれませんが、

甘噛み=遊び

本気噛み=恐怖、不安、痛み

といったように噛む理由が違うので繋がりません。

ですが過度に興奮してしまって

いつもより強く噛んでしまった…ということもあります。

そのため早めの対処をしていきましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

甘噛みは犬のニーズを満たし、「噛んだら遊びが終わるんだよ」

と教えるだけで、特に痛みを伴ったトレーニングをする必要がありません。

 

やはり痛みを伴ったトレーニングだと

トレーナーは出来ても飼い主様が出来ない…

といった問題が出てきます。

また犬にも不快な思いをさせてしまいます。

 

 

当店ではこのように犬の気持ちを理解した上で

痛みを伴わないトレーニングを提供しております。

Sunny Dogは名古屋市内と名古屋周辺の市を中心に主に子犬のトレーニングを行っております。

お客様のご自宅に伺って一緒にトレーニングをする出張型の犬のしつけ教室です。

 

【期間限定!】

・初回カウンセリング料金3000円1000円!

で受けられます!(交通費も無料です)

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

愛犬の悩みを解決する方法、見つけていきましょう!

子犬を迎えたのはいいものの、何をしたらいいのかわからない…
そんなお悩みをお持ちではありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。