犬の問題行動の原因は子犬の社会化期不足にあった!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

 

今回は犬の問題行動について自分なりの考えをお話したいと思います。

 

 

問題行動って何?

主に問題行動と呼ばれるのが

・噛みつき

・過剰な吠え

この2点だと思います。

特に噛みつきに関しては私たちが恐怖心を持ってしまうので

問題行動と感じやすいのではないかと思います。

 

この問題行動ですが、ではすべての犬が人に対して噛みついたら

問題行動と言えるのでしょうか?

答えはNOだと思います。

 

 

問題行動は自分次第?

例えばAさんとBさんがそれぞれ家族に噛みついてくる犬を飼っているとします。

Aさんは

「痛いからやめて!」

と感じています。

犬の問題行動の原因は子犬の社会化期不足にあった!

反対にBさんは

「そんなに強く噛んでこないし別にいいや」

といった様子です。

犬の問題行動の原因は子犬の社会化期不足にあった!

どちらが噛みつきに対して不満を持っていますか?

もちろんAさんだと思います。

そのためAさんにとっては噛みつきは問題行動ですが

Bさんにとっては噛みつきは問題行動ではないということです。

つまり人によって問題行動の定義が変わってきます。

 

 

気付いて欲しい問題行動

先程のBさんの話ですが、家族だけに噛むならまだいいかもしれません。

ですがこれが他人に対しても噛むようになってくると話が変わってきます。

 

他人に対して噛むようになってしまい、怪我をさせるようになっても

「犬は人に噛む動物だ」

という考えですと周囲の人に迷惑がかかります。

犬の問題行動の原因は子犬の社会化期不足にあった!

確かに本人の中では問題行動と思っていませんが

こちらは問題行動と気づいて欲しい内容ですよね。

 

他にもトリミング中に

・ハサミに向かって噛んでくる

・足裏を触っただけで噛んでくる

などがあります。

足裏に関しては口輪をすれば防げますが

ハサミは顔周りのカットがあるので難しくなってきます。

 

お客様はもちろんお金を払ってサービスを受けているので

どうしても問題視しにくいですが、

犬にとっては非常にストレスがかかりますし、

いつ怪我が起こってもおかしくない状況かと思います。

 

 

どうやったら問題行動を防げるの?

犬が起こす行動の理由は様々ですがほとんどが

子犬の社会化期がポイントかと思います。

子犬の社会化期についてはこちらをご覧ください。

 

子犬を迎えたら考えてほしいこと~子犬の社会化期について~

子犬の社会化期とは?

 

先程の人に対して噛むという内容ですが

警戒心が強く、それ以上近づいてこないように噛む→人に慣れていない→社会化不足

といったようになります。

 

他にも代表的な問題行動として無駄吠えがあげられますが

警戒心が強く、それ以上近づいてこないように吠える→人慣れていない→社会化不足

と繋がります。

犬の問題行動の原因は子犬の社会化期不足にあった!

つまりほとんどの問題行動は子犬の社会化期が関係してきます。

 

 

子犬を迎えたら考えて欲しいこと

今までお話した通り、将来困らないためには子犬の社会化期がポイントです。

ですが獣医師さんから

「ワクチン接種が終わってからじゃないと散歩はダメ」

と言われることが多いので大切な社会化期を逃してしまうことがほとんどです。

 

もちろん外が100%安全かと言われればそうではありません。

ですが将来穏やかな犬に育って欲しいのであれば

たくさんの人や犬に合わせることが必要です。

もしも感染症などの病気が怖い…という気持ちが大きければ

抱っこでのお散歩で地面を歩かせないことをオススメします。

他にもベランダに出して外の雰囲気を感じてもらうのも大切です。

 

心の健康か、体の健康か、どちらを優先するのかを

子犬を迎える前、迎えた直後にご家族皆さんで考えてみて下さいね。

 

Sunny Dogは名古屋市内と名古屋周辺の市を中心に主に子犬のトレーニングを行っております。

お客様のご自宅に伺って一緒にトレーニングをする出張型の犬のしつけ教室です。

 

【期間限定!】

・初回カウンセリング料金3000円1000円!

で受けられます!(交通費も無料です)

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。