ボーダーコリーの子犬、レオ君 人が変わっても横に付いて歩くことが出来ました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はボーダーコリーの子犬、レオ君(6か月)です。

ボーダーコリーの子犬、レオ君 人が変わっても横に付いて歩くことが出来ました!

上手にカメラ目線をしてくれました!

今は室内で飼っているのですが、今後外でも過ごせるように

レオ君専用のスペースを用意されているようです♪

楽しみですね☆

 

そんなレオ君の今までのトレーニング動画をご紹介します!

 

前回のトレーニング

 

今回は

・マテ

・ヒールポジション

・ヒールウォーク

を行いましたよ♪

 

 

マテ

前回はその場で待つことを重点的に行いましたので

少しレベルを上げて距離を取った状態でも待てるかどうか行いました。

レオ君しっかりと集中してくれていますね☆

ただ、最後の方におやつを持っているパパさんの手を見てしまっているので

隠しながら歩いていただくことを意識してもう一度行ったところ

アイコンタクトを取りながら待ってくれるようになりましたよ♪

客観的に見ることが出来るのも出張トレーニングのメリットですね(^^♪

 

 

ヒールポジション

ヒールポジションとは人の横に付いてオスワリをすることを言います。

横に付いてオスワリをすることで信号待ちの時や人とすれ違う時に

事故防止することが出来ます。

前回行ったヒールウォークとセットで覚えておくと便利になってきます。

では初挑戦のヒールポジションをご覧ください!

レオ君もパパさんも上手に動けていますね♪

また隣についてオスワリをする位置も離れることなくピッタリと付けています。

ヒールポジションは飼い主様の誘導が大切になってきます。

誘導がしっかりと出来ていないとその誘導についてくる犬の位置がずれてしまいます。

 

例えば

手の位置がおかしくて犬が斜めについてしまう

犬が後ろの方でオスワリをしてしまう

などです。

 

「なんで上手についてきてくれないんだろう?」

と思ったら一度ご自身の誘導の仕方を見直してみると

ヒントが隠されているかもしれないですよ♪

 

 

ヒールウォーク

今回はお散歩の質を上げるために

「人が立ち止まったらオスワリをする」を教えていきました。

流れとしては

一緒に歩く→人が立ち止まる→オスワリを支持をして座らせる

です。

ではではさっそく見ていきましょう♪

レオ君ベストなタイミングでオスワリをしてくれましたね♪

初めて挑戦したのにスムーズに出来たのでびっくりしました!

今は短い距離ですが長い距離を歩いた後にオスワリが出来るようになると

さらにいいかな~と思います!

 

今回もたくさんのことを吸収してくれたレオ君でした☆

次回お会いできるのを楽しみにしております!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。