ポメラニアンの子犬、くれあちゃん オスワリとフセを頑張りました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

 

今回はポメラニアンの子犬、くれあちゃん

1回目のトレーニングです!

ポメラニアンの子犬、くれあちゃん オスワリとフセを頑張りました!

元気いっぱいのくれあちゃんです♪

初めは緊張していてなかなか近づいてきてくれなかったのですが

最近は膝の上に乗ってきてくれるようになりました♡

 

今回は

・オスワリ

・フセ

の練習を行いましたよ♪

 

 

オスワリ

オスワリは地面にお尻がつくことを言います。

犬が自発的によくする行動ですが、くれあちゃんは動くことが多いため

あまりオスワリをすることがありませんでした。

なので形作りから教えていきましたよ♪

 

方法はいくつかありますが、基本的な教え方は

オヤツを上に上げると自然と頭が上がりお尻が地面につくので

その瞬間にオヤツをあげる…と言った流れです。

ですがくれあちゃんの場合、オヤツを上に上げると

すぐに移動してしまうので違う方法で行いました。

 

オヤツを鼻先に持っていき、そのまま押していきます。

すると押された体は勢いのまま地面に向かっていくので

そのままオスワリの形になる…と言った流れです。

 

ではこの流れでオスワリをしたくれあちゃんをご覧ください★

上手にオスワリができました!

ママさんの誘導もスムーズでしたね♪

まずはオスワリの形を教えるところから始めましょう!

 

 

フセ

フセは犬のお腹と肘が地面につくことを言います。

こちらもオスワリと似たような教え方で行いました。

まずオヤツを鼻先に持っていき、少し押します。

すると体が縮まります。

その後にオヤツを持っている手を地面に下ろすことで

縮まった体を伸ばそうとフセの体勢を取ります。

その瞬間にご褒美をあげましょう。

 

こちらもくれあちゃんの練習風景で確認してみましょう!

とても上手にできました〜♡

こちらもママさんの誘導が完璧ですね★

 

 

オスワリやフセもいろんな教え方がありますし、

犬によっては向き、不向きがあります。

例えばフセを教える時に足の下をくぐらせる方法があるのですが、

怖がりな犬だと足の下をくぐるのが怖くてできない場合があります。

でも反対に足の下をくぐるのが好きな子であれば

この方法で行えばすぐに覚えることだってあります。

 

その子その子ができる方法で行えるように

また楽しんでトレーニングが出来るように

私も取り組んでいきたいと思います!

 

くれあちゃん、くれあちゃんママ、ありがとうございました♡

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。