ポメラニアンの子犬、ニコちゃん クレートに慣れさせる練習をしました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はポメラニアンの子犬、ニコちゃんのトレーニングです!

ポメラニアンの子犬、ニコちゃん クレートに慣れさせる練習をしました!

ニコちゃんは少し食が細く、ご飯を完食出来ない日があったのですが、

トレーニング終了後にお皿に余っているご飯を全て食べてくれましたよ(^^♪

トレーニングは頭を使うのでお腹が空いたのかな?

完食出来て良かったです!

 

 

今回は

・ハウストレーニング(クレート)

・アイコンタクト

・マテ

を練習しましたよ♪

 

ハウストレーニング(クレート)

クレート内が苦手だと移動の時に無理矢理入れてしまうことになるので

犬にとってはストレスがかかってしまう原因となります。

 

ですがいきなり狭い空間の中に入ることは大きな冒険です。

なのでクレートを分解して、まずはクレートの感触に慣れるところから

始めていきましたよ☆

オヤツやフードを置いてあげてニコちゃん自身の意思で入れるように

誘導してあげたり待ってあげます。

ママさんのように

「ここだよ~」

と伝えてあげると安心して入ることが出来ますね♪

 

無理矢理入れると苦手意識が付きやすくなります。

特に子犬はいろんなことを吸収しやすいので

苦手意識がついてしまうことはやめてあげましょう。

 

この床部分に自然と入れるようになったら、

クレートを組み立てた状態でも入れるようにしていきます。

 

 

アイコンタクト

アイコンタクトは犬と人が目を合わせることを言います。

アイコンタクトは基本中の基本ですし、本当に大切な項目なので

出来るようにトレーニングしていきましょう!

ニコちゃんフードの誘惑に負けず上手に出来ましたね☆

アイコンタクトはトレーニング中だけでなく、

普段の生活の中で目が合ったら褒めてあげると

アイコンタクトの頻度が上がります。

 

実は犬を褒めるタイミングはトレーニング意外にも結構あるんですよ♪

その時はオヤツをあげなくても言葉で褒めてあげても

効果はありますので是非やってみてくださいね。

 

 

マテ

マテはオスワリまたはフセをした状態で犬がその場で待つことを言います。

オスワリ→マテとフセ→マテの教え方は同じですので

今回はオスワリ→マテで教えていきます。

 

まずオスワリをさせた状態で1秒でも待てたらオヤツをあげます。

この時にオヤツが見えているとオヤツに注目をしてしまい、

「早くオヤツが欲しい…!」

と集中力が続かなくなってしまうのでオヤツは隠しておきましょう。

ニコちゃんアイコンタクトを取りながら

集中して待つことが出来ましたね♪

頑張りました~!

 

その場で待つと良いことがある

と理解するようになったら、

サインを教えたり言葉を付けていきましょう。

 

 

今回が初めてのトレーニングでしたが、

大きな成長が見られたニコちゃんでした!

ありがとうございました♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です