人の手に良いイメージを付けよう!犬が人の手を好きになるための4つのステップ

犬のしつけの中で重要になってくるのが

アイコンタクトとハンドターゲットです。

 

ハンドターゲットとは人の手の甲に鼻先を当てることです。

そうすることで

 

人の手に良いイメージを付ける

人の手に注目する

人の手を追いかける

 

という行動を増やすことが出来ます。

 

人の手に良いイメージを付けよう!犬が人の手を好きになるための4つのステップ

 

・これから子犬のトレーニングを行う方

・トレーニングで何から始めたらいいかわからない方

・手に良いイメージを付けたい方

 

これらのお悩みを持つ方に必見です!

 

 

ハンドターゲットのトレーニング方法

 

 

【ステップ1】

 

座りながら行います。

手のひらにおやつを乗せ、親指でおやつを抑えます。

その状態で犬に手の甲を向け、

犬が偶然横を向いたら鼻先が当たる高さに手を出します。

 

人の手に良いイメージを付けよう!犬が人の手を好きになるための4つのステップ

 

手の甲に鼻先が当たったらおやつをあげましょう。

これを左右いっぱいに広げた状態でも出来るように

徐々に手を広げていきましょう。

 

 

【ステップ2】

 

おやつをもったふりでステップ1と同様に行います。

手の甲に鼻先が当たったらおやつをあげます。

 

 

【ステップ3】

 

2回連続でタッチが出来たらおやつをあげます。

この時に先読みされないように

左→右

左→左などといったように

ランダムに出していきましょう。

 

 

【ステップ4】

 

3回連続でタッチが出来たらおやつをあげます。

 

 

 

注意点

 

犬の目の前に手を出さない

 

威圧的に感じてしまい、怖がる犬も出てきます。

また、マテを覚えている犬は

マテの合図と勘違いしてしまう場合もありますので気を付けましょう。

 

 

無理矢理手を近づけない

 

人の手に対して良いイメージも悪いイメージも

ついていない状態でこちらから近づけてしまうと、

怖がってしまう可能性があります。

 

人の手に良いイメージを付けよう!犬が人の手を好きになるための4つのステップ

 

もし近づいてこなかったら、

手のひらにおやつを乗せてあげてみて

「ここにおやつがあるよ」

と教えてあげましょう。

 

 

 

応用編

 

 

座りながら行っていたのを歩いて行ってみます。

1,2歩歩いて手の甲にタッチをさせたり、

歩数や場所も変えていきましょう。

 

状況が変わってくるので上手く出来ない子の場合は

ステップ1から行っていきましょう。

 

人の手に良いイメージを付けよう!犬が人の手を好きになるための4つのステップ

 

手についてきてくれるので

ヒールウォークの練習がよりスムーズに出来ます。

 

 

 

 

以上がハンドターゲットのトレーニング方法です。

トレーニングの中では

手で指示を出すことが多くなってきます。

 

手に注目をする犬になると

トレーニングも取り組みやすくなるので

是非ハンドターゲットを習得しましょう!

 

 

Sunny Dogは名古屋市内と名古屋周辺の市を中心に主に子犬のトレーニングを行っております。

お客様のご自宅に伺って一緒にトレーニングをする出張型の犬のしつけ教室です。

 

【期間限定!】

・初回カウンセリング料金3000円1000円!

で受けられます!(交通費も無料です)

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。