あなたの愛犬が長時間のお留守番も得意になる方法!

犬を飼っているといつかは訪れる問題があります。

それは「お留守番」です。

 

 

共働きのご夫婦や夜遅くまで仕事をされている方は

犬に長時間お留守番をさせることになります。

そういった犬は必然的に一人でいることに慣れているかと思います。

 

ですが常に誰かが自宅にいる場合でも

急な冠婚葬祭や病気や怪我により

家を空けなければいけない可能性があります。

 

この記事を読んでいらっしゃるということは

「うちは長時間家を空けることがないから大丈夫♪」

と思っていた方ももしかして

長時間お留守番をさせる用事が出てきたのではないでしょうか?

 

 

愛犬はいつも誰かがいる環境に慣れているので

「お留守番に慣れていないから悲しい思いをさせてしまうかも…」

罪悪感を感じてしまったり

また、知人に預けようと思って事情を説明したのはいいものの

「お留守番も出来ないなんて本当にしつけをしているの?」

をかいてしまったりすることがあるかと思います。

 

 

そもそもお留守番をさせたいと思ったのも

“長時間放置して大事な愛犬に何かあったら心配”

だからではないでしょうか?

 

ハウスに入れておくだけなのかもしれませんが、

慣れていない分ハウスを噛んだり、誤飲をしたり

いつもとは違った行動をする可能性があります。

 

 

「寂しくならないように…」

といつも使っているおもちゃをハウスに入れておいたのですが

全然ハウスに慣れてくれない…

 

我が家の愛犬は長時間のお留守番は無理なのかな…

 

と思ったそこのあなた!

これからお伝えするトレーニングちょっとした工夫をすれば

苦手なお留守番を克服することが出来ます♪

 

では早速ご紹介していきます。

 

 

お留守番のトレーニング方法

 

お留守番をする前に

 

お留守番をする日は運動をたくさんしてあげましょう。

散歩もいつもよりも20~30分長くしてあげます。

たくさん動かし、疲れさせることで

ハウスの中でぐっすりと眠ってくれます。

 

さらに日光を浴びることによって

セロトニンが自律神経に働きかけてくれるので

よい睡眠を促してくれます。

 

 

 

お留守番トレーニング

 

いきなり長時間開けるのではなく

最初は玄関で5分待機をし犬の所に戻る、

次は玄関の外で7分待機をし犬の所に戻る…

といったように徐々に距離と時間を伸ばしていきます。

 

こうすることで犬は

「飼い主は必ず戻ってきてくれるんだ!」

と学習するようになります。

 

もし吠えてしまったら吠えている間は戻らないようにします。

ここで戻ってしまうと

「吠えたら飼い主が戻ってくる!」

と学習し、より一層吠えるようになります。

 

吠えやんだら犬の所に戻りオヤツをあげて褒めましょう。

 

 

 

最後に

 

お留守番トレーニングは地道な作業ですが

少しずつコツコツするのが重要です。

 

今まで全く泳いだことがない人が

「頑張って25m泳いでみましょう!」

と言われたらどうでしょうか?

ビート板を使ってもがきながら泳げたとしても

次の日も25m泳ぐとなると

「もう嫌だー!」

となってしまうかと思います。

 

25m泳ぐためにはまずは5m泳ぐところから初めて

コツコツ積み重ねるのが大事です。

 

 

少し時間がかかるかもしれませんが

「お留守番が出来るなんてお利口さんね♪」

と言われる日がやってきますよっ!

是非取り組んでみて下さいね。

 

Sunny Dogは名古屋市内と名古屋周辺の市を中心に主に子犬のトレーニングを行っております。

お客様のご自宅に伺って一緒にトレーニングをする出張型の犬のしつけ教室です。

 

【期間限定!】

・初回カウンセリング料金3000円1000円!

で受けられます!(交通費も無料です)

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

愛犬の悩みを解決する方法、見つけていきましょう!

子犬を迎えたのはいいものの、何をしたらいいのかわからない…
そんなお悩みをお持ちではありませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。