愛犬の噛み癖にお困りのあなたへ。解決方法をお伝えします。

始めは大人しくてお利口さんだったのに

いつの間にか人の手に噛むようになった

ということはありませんか?

 

弱い力で噛まれるのであれば我慢は出来ますが

怪我をするほど噛む力が強くなってしまい

いつ噛まれるかわからない恐怖心

凶暴な犬とレッテルを張られ

辛い思いをされてきたことかと思います。

 

 

噛まなくする方法を知らなくて

噛まれるたびに叩いていたものの

一向に解決しない…

 

 

では何故人の手を噛むようになったのでしょうか?

 

様々な理由があるかと思いますが

大きな理由として恐怖や不安から噛んでしまうと考えられます。

 

今回は

1.撫でると噛む

2.食器を取ろうとすると噛む

3.体の一部分を触ると噛む

この3つのジャンルに分けて解決方法をご紹介します。

 

また、共通して行ってほしいハンドターゲットという

手に慣れさせるトレーニングがあります。

こちらも合わせて行いましょう。

 

 

1.撫でると噛む

 

チワワなどの体が小さい犬や怖がりな犬は

見るものすべてが大きいので

上から覆いかぶさってくる手が怖くて噛むことがあります。

 

 

顎や顔周りを触っても嫌がらなければ

まずはそこからスタートしていきます。

 

オヤツをあげながら

顎→顔周り→頭と向かっていき

頭に指の先が少しでも触れたら褒めましょう。

この頭を触る時間や回数を少しずつ増やしていきます。

 

また様子を見ながらオヤツをあげるタイミングを

変えていきましょう。

 

1.オヤツをあげながら触る

2.オヤツをあげると同時に触る

3.触った後にオヤツをあげる

 

最終的には触られたらいいことがある♪と教えていきます。

 

 

 

2.食器を取ろうとすると噛む

 

犬の所有欲が働いて

「私の食器を取らないで!」

と噛む行動に出ている可能性があります。

 

 

あるいは、あまりにも愛犬が噛むから

叩いて怒ることを繰り返していたら

より一層噛んでしまうようになった…

ということも考えられるでしょう。

 

ですが共通しているのは

「手に対して悪いイメージがついている」

ということです。

 

なので食器に触れる手に対して

いいイメージを付けていきましょう。

 

 

噛んでこない距離から食器にフードやオヤツを入れる

あるいは食器に投げ入れます。

 

これを繰り返し行うことで

「人の手からは美味しいものが出てくる♪」

といいイメージが付きます。

 

 

またマテを覚えていない犬は教えていきます。

食器を取るときに興奮しやすくなることがあるので

マテで少し落ち着かせ、その間に食器を回収しましょう。

 

 

3.体の一部分(足先、耳など)を触ると噛む

 

犬は体の先端部分を触れられるのを苦手とします。

理由は先端部分は敵に狙われやすいためです。

また足裏は触覚、痛覚、温度など

様々な情報を得る大事な気管なので

どうしても敏感になりがちです。

 

 

こちらも

1.撫でると噛む

と同じようにトレーニングしていきます。

 

例えば足裏を嫌がる犬の場合。

オヤツをあげながらまず嫌がらない部分(足の付け根など)を触ります。

少しずつ足裏に近づいていき、足裏を少し触ります。

嫌がる素振りを見せなければ褒めます。

これを繰り返し行い、

 

・オヤツをあげながら触る

・オヤツとあげると同時に足裏を触る

・足裏を触った後にオヤツをあげる

 

と徐々にレベルをあげていきます。

また、触れている時間も長くしていきましょう。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

慣れるまでは少し時間がかかりますので

根気がいるかと思いますが、焦らずゆっくりと行いましょう。

 

人の手を噛まなくなれば

「人懐っこいワンちゃんね♪」

と言われること間違いなしです!

 

 

また、子犬を迎えた方は噛まれる前に

人の手を噛まない犬に成長させましょう。

ご自宅でも出来るトレーニングはたくさんあります。

 

「でもどんなトレーニングをしたらいいのかわからない…」

といった方は下記をご覧ください♪

Sunny Dogは名古屋市内と名古屋周辺の市を中心に主に子犬のトレーニングを行っております。

お客様のご自宅に伺って一緒にトレーニングをする出張型の犬のしつけ教室です。

 

【期間限定!】

・初回カウンセリング料金3000円1000円!

で受けられます!(交通費も無料です)

詳細はこちらをご覧ください↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。