ミニチュアダックスフンドの子犬、琥珀君、呼び戻しとマテを練習しました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回はミニチュアダックスフンドの子犬、琥珀君のトレーニングです!

ミニチュアダックスフンドの子犬、琥珀君、呼び戻しとマテの練習をしました!

ママさんの近くでまったりモードの琥珀君。

お伺いすると全力で挨拶をしてくれるので

いつも元気をもらってます(o^^o)

 

今回は

・呼び戻し

・マテ

をしましたよ♪

 

呼び戻し

前回に引き続き呼び戻しをしました。

前回は呼び戻しのサインにもなるグータッチの練習をしたので

今回は少し動きをつけて練習をしていきました。

 

まず琥珀君の近くにグーを出します。

そしてそのまま2、3歩下がります。

すると琥珀君がついてきてくれるのでオヤツをあげて褒めましょう。

 

これをすることで

・グーについていく

・人の近くに戻るようになる

ことを教えることができます。

琥珀君上手にママさんのところについていくことができましたね。

では次に離れた状態で行ってみましょう。

 

流れとしては

名前を呼ぶ→犬がこちらを向く→グーを見せる→戻ってくる

です。

「オイデ」の言葉付けはこの練習がスムーズにできるようになってから

取り組んでいきます。

琥珀君ママさんの声に反応していますし、

しっかりとグーを目印に戻ることができましたね(*^^*)

 

実はこのグータッチ。

「おいでって呼んでも反応しなかったのに、グーを見せたら寄ってきました!」

というお声をよくいただきます♪

 

お外だと誘惑が多く指示が通りにくいので、

グーのサインはとても大切ですね。

教え方はとっても簡単なのでぜひ教えてみてくださいね(^^)

 

 

マテ

マテはオスワリまたはフセの状態でその場で待つ事を言います。

 

マテを教えることで

・人が戻ってくるまでその場で待つ

・人は必ず戻ってくるという安心感

・忍耐力や集中力

などが身に付きます。

 

まずオスワリかフセの状態で1秒でも待てたらオヤツをあげます。

ただしマテの場合、

「お利口さんだね〜!!!」

と過度に褒めすぎてしまうと興奮してしまって

集中力が切れやすくなってしまうので

穏やかな口調で褒めるのがポイントです。

琥珀君と先住犬の満琴君も一緒に待つことができましたね。

待つ時間を伸ばすときは

1秒、2秒、3秒…と伸ばしていくのですが、

慣れてきたら

3秒、2秒、5秒、1秒…といったように

ランダムで時間設定をしてあげると犬が先読みしなくなります。

 

またマテをするときにおやつの方を見てしまいがちなので

必ずオヤツは後ろで隠しておきましょう。

 

ミニチュアダックスフンドの子犬、琥珀君、呼び戻しとマテを練習しました!

今日もたくさん勉強した琥珀君(^-^)

最後は満琴君とワンプロして楽しそうでした♪

 

ありがとうございました♡

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です