柴犬の子犬、ももちゃん 基本中の基本でもあるアイコンタクトを練習しました!

みなさんこんにちは!

滋賀 岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回は柴犬の子犬、ももちゃんです!

柴犬の子犬、ももちゃん 指示が入りやすくなるようにアイコンタクトを練習しました!

トレーニングが終了してリラックス中のももちゃんです(^^)

たくさんのおもちゃに囲まれながら写真を撮ったのですが

切り取ったら見えなくなってしまいました…^^;笑

 

今回は

・アイコンタクト

・フセ

を練習しました!

 

 

アイコンタクト

アイコンタクトは犬と人が目を合わせることを言います。

アイコンタクトを取ることで

問題行動の約80%は軽減できると言われるほど

重要なコマンドなんですよ(^^)

 

アイコンタクトを取ることで

・指示が入りやすくなる

・信頼関係を築くことができる

・散歩の引っ張りや拾い食いを軽減できる

・犬の動きを静止させることができる

などと言ったメリットがたくさんあります。

 

では早速取り組んでいきましょう!

初めは

名前→オヤツ→名前→オヤツ→名前…といったように

名前に対して良いイメージを付けていきます。

その後に名前を呼んだらアイコンタクトを取ることを

教えていきましょう。

ももちゃん上手ですね★

ママさんもももちゃんが振り向きたくなるような声のトーンで

名前を呼ぶことができていますね(o^^o)

 

またトレーニング中だけでなく日常生活で犬と目が合ったら

褒めてあげるとアイコンタクトを取るのが好きになりますよ。

 

反対に

「〇〇!ダメ!」

叱るときに名前を呼んでしまうと苦手意識が付いてしまうので

やめてあげましょうね。

 

 

フセ

フセは犬の肘とお腹が地面につくことを言います。

クレート内でフセをしたり

ブランケットの上でフセをさせると

そこが落ち着く空間となるので犬がリラックスしてくれます。

 

特にお出かけが多いご家庭ですと、

ブランケットの上でフセをするマットというコマンドを

教えておくと便利かなと思います(^○^)

 

では練習していきましょう!

オスワリをした状態からオヤツをゆっくりと地面に下げていき、

犬がフセをしたらオヤツをあげて褒めましょう。

ももちゃん初フセが出来ました〜!

途中で出てきたオテが可愛いですね♡

今はオヤツの誘導で練習していますが、

今後はオヤツの誘導なしでできるように

変化させていきましょう!

 

 

柴犬の子犬、ももちゃん 指示が入りやすくなるようにアイコンタクトを練習しました!

今日も頑張ってトレーニングできたね♪

お疲れ様でした!

 

ありがとうございました♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。