柴犬の子犬、いち君 フセ→マテで視線を外すことなく待てました!

こんにちは!

滋賀、岐阜で出張訪問型の犬のしつけ教室を行っている

Sunny Dogの樋口と申します(^^♪

笑顔で楽しくトレーニングをしています☆

今回は柴犬のいち君、5回目のトレーニングです。

柴犬の子犬、いち君 フセ→マテで視線を外すことなく待てました!

トレーニング後は大好きなおもちゃで遊びました♪

おもちゃを噛みながら写真を撮ったら

こんなに可愛い仕草をしてくれました♡

遊ぶことが大好きないち君です!

 

前回のトレーニング

 

 

今回は

・マテ

を行いましたよ♪

 

 

マテ

マテはオスワリまたはフセの状態でその場で待つことを言います。

マテを教えることで

・集中力を養う

・刺激に対する忍耐力を身に付ける

・離れても必ず人が戻ってくる安心感

・人が戻るまで待つ

など様々なメリットがあります。

 

いち君は元々オスワリもフセも覚えていたので

どちらでも出来るかと思いますが、

フセの方が落ち着いている様子が見られたのでフセ→マテで行いました♪

まずはアイコンタクトで集中力をつけました。

いち君視線を外すことなくママさんの目を見ていますね♪

素晴らしい集中力です!

では集中力がついたところでさっそくマテを行いましょう!

 

ジッとママさんの目を見てマテができてますね♪

とても上手です!

この後数歩下がったり、秒数を増やしたりと色々なマテの練習をしましたが、

どの練習もすべてクリア出来ました!

 

フセは犬がリラックスできる姿勢なので興奮しやすい犬は覚えておいた方が便利です。

特に大型犬は他人に過剰に興奮してしまうとコントロールが出来なくなることがあるので

フセの合図で落ちつけるようにしていくと後々便利になってきます。

 

フセ→マテができるようになったら特定のベッドの上で

リラックスできるように進めていきたいと思います。

 

今日も頑張ってトレーニングが出来たいち君でした♪

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。